引越し見積もり

移動距離が少なければ引越し価格は安くなる。

引越しが近距離の場合何かやっておいたほうがいい事はあるのでしょうか。
どの程度近距離かにもよりますが、たとえば都内間の移動、あるいは同じ都道府県内での移動としておきます。

 

引越し料金とはそもそも、距離とトラックのサイズ、そして作業人数によって料金がかわってきます。距離はいうまでもありませんが、トラックのサイズと作業人数は荷物の量によって代わってきます。また梱包作業もしてもらう、という人はさらに高くなりますし時間もかかってしまいます。

 

よっぽど忙しい人でない限り、梱包は自分でしておきましょう。
手間ではありますが、必要ないものなども見つけることができて荷物が減ることもあるかもしれません。ですので引越しが決まったら出来るだけ早めに整理整頓をするようにしましょう。

 

また近距離の場合は荷物を預けてから届くまでが同日中に終わります。
つまり自分も荷物を送るのを見届けたら、先に次の住居へ移動しておかないといけません。

 

車のない人は電車やバス、あるいは車を持っている友人に移動を手伝ってもらう必要がある場合もあります。決して途中で寄り道などして引越し業者を待たせるような事はしないほうがいいです。

 

また壊れ物が多くて預けるのが怖い、という方は事前に自分で移動させておいてもいいかもしれませんね。長距離ではさすがに出来ませんので、近距離ならではのアイデアだと思います。
大きい荷物だけトラックでの移動をお願いする、という方もいらっしゃるようです。

 

賢く安く引越しをするのには、それなりの工夫と下準備が必要ですね。

近距離引越しでやったほうがいいこと関連ページ

引越しが決まったらやるべきこと
いざ引越しする事が決まったけれど、何をしていいか悩んでいませんか? まずは各引越し会社に見積もりをだしてもらい価格の比較などをして引越し業者を選びましょう。